保存方法 / コーヒの淹れ方

・飲む分だけ、そのつど挽いて入れることをお勧めします。

・保存袋等に入れて、酸素が入らないように密閉性のある
 缶やキャニスターなどで保存してください。

・コーヒ豆は生鮮食品です。1ヶ月以内を目安に飲み切って
 下さい。

・どんなに良い豆も焙煎後は酸化が始まります。酸化が進むと
 嫌な酸っぱさが出てきます。

・冷蔵/冷凍保存は他の食品の匂いが移ったり、結露が発生
 するのでお勧めしません。

・ミル・ステンレスポット・ドリッパー・ガラスポットなども
 扱っております。お気軽にお尋ねください。